Discography

Stars Fell on my guitar

​自身のこれまでの人生をギター一本で表現した珠玉のソロアルバムStars fells on my guitar​ ¥2,000(税抜き)

1.淀川に星落ちて/Stars Fells on Yodogawa(Kazusa Harada)

2.やまない雨/Everlasting Rainy(Kazusa Harada)

3.すけこまし/Play Boy(Kazusa Harada)

4.愚かなり我が心/My Foolish Heart(Victor Young)

5.四月の憂鬱/April Blue(Kazusa Harada)

6.浮気はやめた/Ain’t misbehavien(Thomas Fats Waller)

7.8月31日/August 31(Kazusa Harada)

8.Better Days-あの頃-(Harpin'Joe

​ご購入はこちら

 本作品では、ジャズでよく使われるフルアコ、クラシックギターではなく、スチール弦のアコースティックギターですべて録音しました。元々はエレクトリックギターから入り、時々アコースティックも弾く事があったのですが、ジャズに傾倒してからは全く弾かなくなってました。

 そんな頃、Julian Lage やTommy Emmanuell のアコースティックギターでの独演を耳にし、その表現力(ダイナミックレンジの広さ)、ブルージーでダウンホームな感覚、そしてなによりフルアコ、クラシックギターにはない親しみやすさが魅力的に感じ6年ぶりにアコースティックギター買いこのアルバムの断片を録音し始めました。

 収録曲はオリジナル曲5曲とカバー曲3曲。今まで影響を受けた音楽を自分なりの解釈で。そしてもうすぐ終わる20代のまでの思い出を詰め込んで演奏しました。それでは簡単に曲の紹介を書いていきたいと思います。

1.淀川に星落ちて/Stars fells on Yodogawa (原田上総)

作曲当初はゴスペル的な曲として書いてみたのですが、ソロにするにあたり戦前のカントリーブルーズを意識して演奏しました。タイトルはスタンダードの”アラバマに星落ちて”のオマージュ

2.やまない雨/Everlasting rain(原田上総)

サティのジムノペディにインスパイアされて書いたワルツ。やるせない気持ち、救いのないエンディングを表現したくて書きました。雨音を聴きながら暗い部屋で一人きり・・・

3.すけこまし/Play Boy(原田上総)

70年代のStuff的な雰囲気を狙って書いたファンキーチューン。僕の20代前半のアイドルはコーネル・デュプリーでしたので。

4愚かなり我が心/My foolish heart/(Victor Young)

Bill EvansのWalt for Debbeyの一曲目として印象に残ってる方も多いでしょうし、日本映画”大停電の夜に”でもフィーチャーされた、映画”愚かなり我が心”の主題歌、今日も多くのミュージシャンが取り上げるセクシーで美しいナンバーだと思います。

5.四月の憂鬱/April Blue(原田上総)

ミシェル・ペトルチアニのIt’s a danceにインスパイアされ書いたワルツ。昨日までの寒さから打って変わって温かくなった四月。その違和感とともに完成しました。

6.浮気はやめた/Ain’t misbehavin’(Thomas Fats waller)

古いファッツ・ウォーラーのナンバー。チェットアトキンス的なイメージを狙って演奏しました。

7.8/31/August 31(原田上総)

夏休みも終わり、明日から新学期。当初はボサノバでやろうとしてましたが、最終的にはフォーキーなイメージになりました。

8.Better days-あの頃-(Harpin’ Joe)

大阪在住の素晴らしいハーモニカ奏者、Harpin'Joeさんのオリジナル曲。夕焼け小焼けな情景が浮かばずにはいられない美しいナンバー

​奥平真希 Blue in green
9b63e4f36ad179478d2b00beea3e7363.jpg

3曲参加

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now